習慣化のコツ

こんにちは、STORYの石川です。
7月も終わろうとしており、
僕はもう少しで23歳になろうとしています。

前まで誕生日と言えば1ヶ月前からソワソワしたりしたものですが、
いつの間にか1週間前になっても何も思わなくなったことに気がつき
何故か少し寂しい気持ちになっております。

さて今回ですが、
前回のブログでも書きましたが、
僕は最近小さな思いつきを一週間習慣化するということをしてるのですが、
その時に思いついた、うまく習慣化するコツをお話しようと思います。

それは目標のハードルを低く設定することです。

もう地面スレスレまでハードルを低く設定し、
ストイックな方から見たら、
それハードルある?
と言われるくらい地面スレスレに設定します。

例えば本を読むことを習慣化しようとすると
目標を、月に3冊本を読むや、毎日何ページ読むなどではなく

「本を開ける」ことを目標に設定します。

本を何ページ読むや、何冊読むなどの目標を設定したい気持ちはわかりますが、
本を読むことを習慣化させることが目標なので、

まずは本を開くことを目標に設定します。

他にも例えば、運動不足やダイエットなどを目的にランニングを習慣化しようとします。
しかし、今まであまり運動してない人が急にランニングを続けることは非常に難しく
まずは、自分のライフスタイルにランニングを組み込む必要があります。

なのでここで設定する目標は、何キロ走るや、何分走るかを目標にするのではなく、

スポーツウェアに着替えることや、ランニングシューズを履くことを目標に設定し、

走ることではなく、走る準備をすることをまず習慣化することに注力します。

このように、最初に高い目標を設定するのではなく、
まずは最初に自分が一歩踏み出すことを目標にすると
習慣化が苦手な方や、なかなか目標を達成できない方などは
意外とうまくいくかもしれません。


僕と同じように決め事があまり続かない人や、
習慣化が苦手な方のヒントになれば幸いです。

ではまた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です