末浪大輔(すえなみだいすけ)について_はじめに

はじめまして、こんにちわ。
【STORY】で営業兼プランナーをしています、末浪です。

皆からは「末さん」。もしくは、下の名前が大輔なので40歳前やのに「大ちゃん」。もしくは、一部のヘビーユーザーから「ヒグマさん(※この由来はまた後日。。)」などと
呼ばれています。

はじめての投稿なので、まずは簡単に自己紹介から。

・氏名   :末浪大輔
・読み方  :すえなみだいすけ
・出身地  :大阪市淀川区(十三)
・生年月日 :1978年7月14日
・年齢   :39歳(※2018年5月15日現在)
・現在の職種:アカウントプランナー
・趣味   :写真撮影・鑑賞/映画鑑賞/筋トレ/海(眺める、素潜り)
解明されていない出来事・遺跡の軌跡を追う事/マンガ

・今後趣味と言いたい事:空手、英会話、スキューバダイビング、DIY、釣り
・今最もはまってる事 :株式会社STORY/箕輪編集室

・略歴:
1978年、初夏の晴れた昼下がりに淀川で産声を上げ、無口な幼少期、少年期を過ごす。
様々な衝撃な出会い、出来事とめぐり合わせを繰り返し活発な青年期を迎え、27歳でWEB業界へデビュー。

まったくの未経験なWEB業界に入ってまもなく、青年期時代を上回る出会い、出来事がある中、WEBディレクターを経て営業に興味を持ち、32歳で営業デビュー。

もみにもまれ、現在は広告代理店様や各企業様の成果拡大に向けて日々一心不乱で提案書を
作ったり、よく笑ったり、たまに怒ったりしています。

自己紹介はざっとこんな感じです。

略歴にもあるように幼少期、少年期は本当に無口なおとなしい子供で、幼児の時は母が「ちょっと待っててね」と言うと数時間でも本当になにもせずじっと待っており、小学生の時も先生と親の言うことを強制されることなく、忠実に当たり前のようにこなしていくという、まさに大人にとっては非常に扱いやすいお子様でした。

その無口で大人しく、扱いやすいお子様が、大人になって営業(結構活発な)をするようになるとは思っておらず、どちらかというと子供の時は営業が一番したくない仕事と思っていた記憶があります。

ただただ、営業は一番いじめられる、土下座しないといけない、、などすごく嫌なイメージだけが先行していたことを覚えています。

その最悪なイメージの営業職に32歳でたどり着き、今や飲み会の席では営業持論を熱弁するほどになった【物語】を次回より「悲しみ」、「怒り」、「感動」、そして「笑い」を盛り込んで少しの間紹介したいと思います。

この、題するなら「32歳営業デビュー」の物語が、偉そうながら「今の自分のやり方間違ってるかな、、」とすこ~し自信を無くしかけてるかもの前の状態の人の糧になれれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です