リモートワーク ~はじまり~

 

こんにちは。
STORYのストラテジスト、池ちゃんです。
今回は、私の働き方「リモートワーク」についてお話したいと思います。


はじめに

はじまりは、ブログの打ち合わせ中の社長の一言から。

「リモートワーク」について書いてみたらどうか。

その時は、普段やっている事をまとめて書けばいい、と簡単に考えていましたが、
実際ブログを書こうとして、全く書き進める事が出来ませんでした。
まだ、リモートワーカーとして駆け出しの私に伝えられる事があるのだろうか…
なかなかこの悩みから抜け出せず、書き出しては手が止まり、の繰り返しでした。

「STORYのリモートワーク」
これだったら、私にも書けるかもしれない。そう思えるようになり、やっと書き進める事が出来ました。


きっかけ

STORYと私との出逢いは、以前からの知り合いであるSTORYの元気な営業マンが声をかけてくれた事がきっかけでした。

誰と働くか、何を想って働くか、私が強く求めていたものがSTORYにはありました。

高知に住んでいる私が、大阪にあるSTORYで働く為にはどうすれば良いか。
そこにあった選択肢の一つが「リモートワーク」でした。

無事、STORYで働ける事が決まった時、
声をかけてくれた営業マンを通しての信頼ではなく、
私自身を信頼してもらえるように成長する事が目標となりました。

今では、
「STORYの運用担当者は運用へのこだわりが変態的」と紹介されていると噂に聞くので、少しは目標も達成されつつあるかもしれないと思っています。笑
(あくまで噂なので、まさか社員を変態と紹介するなんてないよね?とも思ってます。)

 

スタート

そして、今から一年ほど前、STORYでのリモートワークがスタートしました。
(まず、大阪での研修があったのですが、その話はまたの機会に…)

今ではのんびりと時間を使って働けるようになりましたが、
最初の頃は、悩む事も多く、たくさん壁にぶつかってきたように思います。

リモートワークを始めて、まず感じた事は、
通勤時間がなくなったので時間に余裕が生まれた。という事でした。
今までは、音楽を聴いたり、会社まで少し遠回りをして歩いてみたり、
仕事帰りには新しいお店探しをしたり、本屋に立ち寄ってみたりと、
仕事とプライベートの切り替えの時間にもなっていたので、
これから、どうメリハリをつけていくか、という問題が出てきました。

そして、運動不足…

時間のメリハリと身体のメリハリ・・・


今も、この問題は私の課題となっているわけですが(特に身体的メリハリ…)、
メリハリという部分では、散歩や買い物など外出してしまう事が最も簡単な切り替え方法でした。
もう一つ、早朝の時間を一人で集中して作業する時間として使う事も、徐々に仕事への集中力を高める時間となる為、
まだリモートワークを始めたばかりの私には良い切り替えの時間となっていました。

こうして始まったリモートワークですが、この環境に飛び込んで本当に良かったと思っています。
そんな喜びや、たくさん悩んできた事、どんな一日を過ごしているかなど、
またブログにしてお届けできたらと考えています。


それでは、また。第二弾でお会いしましょう!

~ご意見、ご感想、お待ちしております~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です