過去に立ち返ること

こんにちは。
STORYクルーの池ちゃんです。

春ですね。
桜の開花のニュースがテレビで流れると、ついつい手を止めて見てしまいます。
私が住んでいる高知でも今年も満開の桜を楽しむ事が出来ました。
(STORYは大阪にある会社ですが、私は高知に住んでいて、リモートワークで仕事をしています。)

満開の桜も素敵ですが、葉桜になり始める頃が好きで、
いかに『桜餅』っぽい桜を撮れるか大会を一人開催しています。


さて、今回のブログでは、
ここ最近ずっと向き合ってきた事について話していきたいと思います。

春になると、
新しく何かが始まるような、何かを始めてみたくなるような、
そんな気持ちになります。

春生まれの私にとっては、自分自身のこれからの一年を考える、
そんな節目の季節でもあります。

そして、STORYでは3月に新たな期が始まり、
会社の今期の目標が発表され、クルーも個々に目標を立てます。

ここで、今回大きな事件となる出来事が…

目標が全く浮かばないのです。

日々、一人メラメラ燃えながら仕事をしている私にとって、
やりたい事が浮かばない事は、大事件です!
前期の、特に下期の目標はやりたい事をたくさん盛り込みました。
今回、その時のような衝動が全くなかったのです。

 


あれ?・・・私、ワクワクしていない・・・?

 

ここから暫く「ワクワクしていない」という想いと向き合う日々でした。
直接、上司にもこの話をしてみたりもしました。
今、振り返ってみると、わりと思い切った発言をしたなと思います(笑)
(ワクワクしない=仕事、面白くない、と捉えられかねないですよね…)

ただ、目の前で腕組みをして私以上に悩んでくれている姿を見て、
申し訳ないながらも、いい上司の元で働けているなと思いました。

迷った時、進めなくなった時は、立ち止まり、過去立ち返るようにしています。

いつかブログにする事が出来たら、と思っているのですが、
10年近く前に、県外のとあるグループホームで働いていた事がありました。

働く理由は「仕事」だったり「生活」だったりそれぞれですが、「人」も理由になる事。
そんな相手から評価される事の喜び、その人の元で成長していきたいという想い、
今、私が仕事をするうえで大切にしている想いの多くはここで学びました。

STORYでも、そんな想いを持って働いています。
では、なぜ、ワクワクしないのか…

何が足りないのか…

そこまで考えて、気付きました。
足りないのではなく、満たされたと思っているのかもしれない、と。

これまで、目標を立てても、
自分よりも誰かを優先して勝手に諦めて我慢したり、
忙しさを理由に、やりたいけど出来ない、出来なかった、
という言い訳をたくさん口にしてきました。
そこには、覚悟が足りずに逃げていた自分もいたと思います。

STORYでは、
「私、やりたい事が見つかりました!」と言うと、
まだ何かも話してないうちに、
「やりましょう!」と返事が返ってきたりします。
(嘘みたいですが、本当にあった会話です(笑))

そんなSTORYの環境や個々の人間力みたいなものに、
すごく前向きな力をもらっています。
まだまだ力不足で出来ない事も多いですが、
やりたい想いまで否定しないでいようと思えるのは、大きな変化です。

期末を迎えて、「挑戦出来た」という満足感で、
気付かないうちに、少し足が止まってしまっていたのかもしれません。

そんな自分に気付く事が出来て、やっと、目標としたい事が見え始めました。

前期に挑戦して、成功した事ばかりではありません。
そこには、引き続き挑戦を。
そして、次は挑戦して得たものの地盤を固めていくような、
今までとは違う動きもしてみたいと思っています。

そんなこんなで、
今期も無事に、やりたい事をギュッと詰め込んだ目標が完成しました。


その想いの部分を少しお話させて頂くと…

・前期の自分に足りなかった部分に挑戦する
・今の自分を超えていけるように知識を向上させる
・STORYに入って築いてきた地盤をより強固なものにする

現状に満足しない、常に今を超えていきたい、そんな想いを込めた目標になりました。

燃え尽きるくらい、走り抜ける事が出来るのか。
結果は、上期の終わる夏頃に…

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です