STORYロゴに込めた想い

こんにちは、代表の杉山です。

 

世間ではようやく自粛が解除され、街にも活気が戻りつつありますが、当社では引き続きリモートワークとオフィスワークのハイブリッド型で業務にあたっております。

 

リモートも対面もそれぞれに良い部分があることが、自粛期間中に体感をもって把握できたので、上手く使い分けながら最大限の成果と理想とする社風を創り上げていければと思います。

 

今年に入ってから、当社では理念経営プロジェクトとして経営理念の見直しやビジョンの策定等を行ってきましたが、ロゴマークについては創業当初から使用しているものを継続使用していくことに決めました。

今後、事業領域の拡大にあたって変更していくこともあるかもしれませんが、まずは当初、このロゴに込めた想いについてお話してみたいと思います。

 

STORYのロゴは比較的シンプルなデザインとなっていますが、STORYの「O」だけ、太極図をモチーフとした図柄が使われています。

 

これには「陰」と「陽」のバランス、内に蓄えた静かなエネルギーと、外に放出される動的なエネルギーを共に兼ね備える組織でありたい、という想いを込めました。

 

まさに広告運用では、ミス無く緻密に分析をして改善に繋げる内向きの情熱と、クリエイティビティをもって生活者を振り向かせる外向きの情熱が求められるため、現在の業務にもマッチしているのではないかと考えています。

 

この太極図は右回りになっているのですが、右回りには「創造と無限の発展」という意味があります。

 

また、この「O」はモナコブルーで横向きになっており、色鮮やかな海と波をイメージしてデザイン。

 

海は全ての生物の起源でもあり、命の源。

 

世の中に価値のあるものを想像し、発展していくという信念をこのロゴマークに込めています。

(STORYに海好きが多いのは、このロゴのせい・・・?笑)

 

ロゴマークの下には、創業当初から大切にしていた行動規範「RESPONSE FEEDBACK」を添えています。

 

反応が返ってくるということは、気持ちがいいものです。

素早くレスポンスすることの大切さや、反応が得られるような仕事をしていくこと、

反応を次に活かし、変化を起こすこと、などをいついかなる時も忘れないように、あえてロゴマークにも組み込んでいます。

 

このような行動規範は、今回の理念経営プロジェクトを通して「10のSTORY SHIP」としてさらにバージョンアップしてまとめ上げることができました。

 

またこのブログや、コーポレートサイトを通じてご紹介できればと思います。

 

STORYのロゴマークはデザイナーではない私が創業当時に手弁当で作ったものなので、デザイン的に見るとまだまだアラがあるかと思います(^^;

 

今ではロゴデザインに強いパートナーもいるので、サイトリニューアルの際にはデザイン的にもしっかりとしたものにさらにブラッシュアップしていく予定です。

ロゴ自体のコンセプト作りやラフデザインのご提案も可能ですし、信頼のおけるデザインパートナーと共にレギュレーションも含めたロゴ制作のご依頼もお請けできますので、ご興味がございましたら是非お問い合わせください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です